脱サラして農業の道へ。農家が儲かる仕組みを作りたい。

コンビニまで車で10分。バスも1日に数本という田舎町、◯◯町に移住し、農家に転職した佐藤さん。

そんな佐藤さんがなぜ安定した会社員から農家へ転職したのかお話を伺いました。

脱サラして農業の道へ

編集部
編集部
農業をやってみたいという気持ちはずっと持っていたんですか?
佐藤 圭介
佐藤 圭介
農業をやってみたいという気持ちは全く無かったんですけど、自分で何かをやりたい!物を作る仕事をしてみたい!という気持ちはありました。
編集部
編集部
農業自体にそこまで思い入れは無かったんですね。
それがどうして農業という仕事に就くことになったんでしょうか?
佐藤 圭介
佐藤 圭介
会社員として働いていたときは、土日も無いような毎日を過ごしていて、このままじゃダメだなと感じていました。
それで、全く違う環境で違う仕事をやってみたいと思っていたところに◯◯町のホームページに耕作放棄地で農業をやってみませんか?という記事をたまたま見つけたのがきっかけです。

◯◯町では、農地の紹介だけでなく物件も格安で紹介してくれるということで、佐藤さんは月に3万円で大きな一軒家に住んでいるそうです。

佐藤さんの自宅

→◯◯町のホームページはこちら(現在も移住者を募集しています)

編集部
編集部
すごい家ですね。これが月に3万円ですか!?
佐藤 圭介
佐藤 圭介
そうですね。東京だと何十万円するんだろうって感じですよね(笑)

 

捨てられる野菜の活用方法を探る日々

畑と家が確保されたとは言っても、佐藤さんは農業に関しては完全な素人ですが、周りにベテランの農家さんがいてくれるおかげで今では立派な野菜を育てられるようになったようです。

しかし今、大きな悩みがあるそうです。

佐藤 圭介
佐藤 圭介
基本的には農協に出荷するんですけど、形が悪かったり、少しでもキズが付いてしまうと出荷できないんですよね。
編集部
編集部
たしかにスーパーでも形がキレイな野菜しか並んでいないですしね。
キズが付いた野菜はどうされているのですか?
佐藤 圭介
佐藤 圭介
自分で食べたり、ご近所さんにおすそ分けしますけど、それでも大量にキズ物は出てしまうので、その場合は捨てることになりますね…
編集部
編集部
それはもったいないですね。
佐藤 圭介
佐藤 圭介
はい。なので、捨てられていた野菜をいかに売っていくかが農業で利益を出すためのカギだと思っています。
それで、直売所に訳あり品として出しているんですけど、それ以外にはスイーツに加工して販売もしています。
編集部
編集部
なるほど。スイーツにしてしまえばキズ物でも問題無いですもんね。
佐藤 圭介
佐藤 圭介
そうですね。そのおかげで捨てる量もだいぶ少なくなりました。
ただ、まだ捨てられている野菜もあるので、新作の加工品も考えているところです。

農協を通さずに農家が儲かる仕組みを作りたい

現在もメインは農協に出荷しているそうですが、”農業が儲かる”ようになるために農家の青年チームを作り、活動しているそうです。

編集部
編集部
農家青年チームではどのような活動をされているんでしょうか?
佐藤 圭介
佐藤 圭介
皆さん作っている野菜や果物が違うので、それを集め、それらの野菜を飲食店に直接販売しています。
みんなでチームを作ることによって、ある程度幅広い注文に答えることができるようになりました。
編集部
編集部
なるほど、農協は通さずに?
佐藤 圭介
佐藤 圭介
そうですね。農協は通していません。農協の場合は自分で価格は決められませんが、直接お客様との取り引きであれば自分で価格を決めることができるので。
編集部
編集部
たしかに。それであれば良い野菜を作って高く売るっていうこともできそうですね。

佐藤さんの青年チームは現在8名。

都内の飲食店に直接営業をしているそうです。注文はLINEで受付け、即日発送が可能とのこと。

佐藤 圭介
佐藤 圭介
やはり良い野菜であれば、ある程度高くても買ってくれる飲食店は多いので、量ではなく”質”で勝負しています。
編集部
編集部
新鮮で美味しい野菜が食べれる飲食店であれば行ってみたいですしね。どちらにとっても良いことですね。
佐藤 圭介
佐藤 圭介
しかも、直接取り引きできるので、高いとは言っても卸しを通すより全然安く買えると評判もそこそこ良いですよ。

会社員時代と同じように今も休みが無いという佐藤さんですが、自分の目標を見つけ生き生きと仕事をされていました。

今の目標は「農業で稼ぐための仕組みを作ること」だそうです。

佐藤 圭介
佐藤 圭介
野菜や果物の注文はLINEで受けています。
もし気になる方がいらっしゃいましたら、LINEからメッセージを送っていただければと思います。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です